FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【英語動画】Wiiの2億ドルのテレビCM/ YouTube

今回は、任天堂のWiiが予算2億ドル(当時は200億円以上※発売年2006年)をかけて
北米で放送した海外テレビCMを紹介します。

二人の日本人(という設定ですがどうでしょう...なんとなく日系人、中国人っぽいです)
がWiiを持ってアメリカ人のお宅に訪問し、

Wii Would Like to Play

と声をかけ、一緒にWiiを楽しむ話です。

【動画】Wiiの200億のテレビCM


お辞儀する日本人?を見た時に

どこか怪しいなと感じている様子のアメリカ人が
Wiiをするうちにフレンドリーになっていったり。
(そこが任天堂の狙い)

日本のCMはせいぜい30秒程度だと思いますが、
海外のCMは比較的長く、1,2分というのはざらです。

ちなみにこのCMに使われている音楽は、
津軽三味線奏者の吉田兄弟のものです。

このCMをきっかけにアメリカで話題となり、
海外の吉田兄弟ファンも増えたそうです。

それから英語版WikipediaのWiiのCMに言及した
英文がありましたので、

それを抜粋しておきますね。

冒頭のThisは前文の

we want to get new people playing game.
「新しい人々(まだ出会った事のない人々)とゲーム(wii)をしたい」

のことです。

This is reflected in Nintendo's series of television advertisements
in North America, directed by Academy Award winner Stephen Gaghan,
as well as Internet ads.

The ad slogans are

"Wii would like to play" and "Experience a new way to play."

These ads ran starting November 15, 2006 and had a total
budget of over US$200 million throughout the year.

The productions are Nintendo's first broad-based advertising strategy
and include a two-minute video clip showing a varied assortment
of people enjoying the Wii system,

such as urban apartment-dwellers, country ranchers, grandparents,
and parents with their children.

The music in the ads is from the song
"Kodo (Inside the Sun Remix)" by the Yoshida Brothers.

The marketing campaign has proved to be successful:

pensioners as old as 103 have been reported to be playing
the Wii in the United Kingdom.

A report by the British newspaper The People also stated
that Queen Elizabeth II of Great Britain has played using the console.

90日で英語力を伸ばす方法(携帯版)

>>パイロットが教える英語上達メールセミナー<<

※注:PCからご覧頂いている方は、

http://gold-mind.jp/mobile/mail-seminar

にPCでアクセスした後、
携帯アドレスを入力することで参加可能です。


























スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。