FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日本国と英語上達法】

発展途上国(ベトナム、タイ、シンガポールなど)に行って思うのは、

日本という国は、払っている税金に対してひょっとしたらそれ以上のクオリティの高いサービスを享受
できている国なのではないか、と思います。(もちろん賛否両論はあると思いますが)

例えば、ゴミ収集や警察、消防、病院、交通機関、道路環境等の
公共サービスもそうだし、医療費も安いです。

医療費、生命保険に関して言えば、なぜ日本人はよく考えもせずにこぞって
保険、保険と何も考えずに入るのか、今だに理解できないです。

多くの人が万が一、入院したら何とかと言って、
高額の医療保険に入っていると思いますが、

もし、入院が必要だと思われるなら、

●具体的に何ヶ月以上入院した場合、家計が厳しくなるのか?

●会社は何ヶ月の入院までなら給与を支払ってくれるのか?

●高額医療保障の上限はいくらか?そして、いつまで続くか?

●1日いくら以上の保障が必要か?

こういうことをきっちりと調べて、具体的に紙に書き出す。

よく考えて入る、ということはこういう意味です。

そうすれば、保障期間が1入院60日、というようないくら安くても
意味のない保険に加入することは避けられるはずです。

保険は商品ありきではなく、常に個人のニーズありき、です。

CMで流れているのは、全て商品主体です。

だから本質が見えない。

本当に大事なのは、あなたのニーズです。

話が反れましたが、

日本の税金。

よく問題となりますが、

保険と一緒で日本は多くの人が税の格差に不満をもっていたり、
不幸せ感がこんなに高いのか、不思議に思います。

純粋に払っている税金よりも、大きな便益を受けている状態を知らないだけなのか?

そのことを認めたくないのか?

当たり前のことだと思っているのか?

そのことを知ろうとしないのか?

日本という国は異常な程、他国と比べると、低コストで社会的サービスを受けることが
出来ている国です。

もっと言えば、日本は年収1000万円を超えると、受けている社会的な
ベネフィットと払っているコストが実は逆転する社会の仕組みです。

(官僚が意図的にそうしているのだと思いますが....)

格差社会というと何か悪いイメージを持つ人が多いですが、

がんばる人が多くなればそうでない人と差ができるのは当然です。

がんばる人が応援される社会、

格差社会。

大いに結構だと思うのです。

がんばる人が多くの税金を払い、国が強くなる。
国もがんばる人を応援する。

個々が知識武装して、本質を見ることができるようになればと思います。

英語はそのひとつであることは間違いないです。

基本的な英語(日常会話を自由に話せるレベル)をベースに、
個々が得意とする分野、伸ばしたい分野と学んだ英語を結び付けていく。

「こんにちは~」

「元気ですか~?」

「週末はどう過ごしましたか~?」

というレベルで満足ならそれはそれで良いと思います。

ただ個人的には、趣味で終わらせるくらいなら、
使える英語にしておいた方が良い、と思う。

という話です。


90日で英語力を伸ばす方法(携帯版)

>>パイロットが教える英語上達メールセミナー<<

募集人数に達した時点で終了します。

※注:PCからご覧頂いている方は、

英語上達メールセミナー(PC版)

を参考にして見てください。

■英語ブログ
パイロットが教える90日英語上達ブログ

パイロットが教える90日間、英語リスニング上達ブログ

YouTube英語動画を使ったリスニング、英語勉強法










FC2ノウハウ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。